×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最近トイカメラに少し興味があるらしいH君。今回、彼を無理やりに説き伏せての第二弾です。
彼は24枚撮りフィルムを半年かけて取り終えるという、ある意味つわものでして、簡単に写せるカメラ…
ということで三点ゾーンフォーカスのオリンパスXA2を渡し、テーマを伝えて撮ってきてもらいました。

テーマ…それはずばり
  異 国 情 緒

プラス、1日で24枚撮ってきてもらう。さて、今回どんな写真が…
今回、彼が長崎に行ったときに丁度、帆船祭?というものがあっていたようで、まさに異国情緒。
一番印象に残ったのは何といっても、長崎から帰ってきて後日

プルルルルー(携帯の呼び出し)
管:「はい、もしもし」
H君:「あのー、写真を現像に出したいんですけど、フィルムが出てきません」
管:「え?どういう事? カメラの底のボタン押してフィルム出すとよー」
H君:「はい。押してもフィルムが巻き上がらないんですよ。壊れたんですかねぇ?」
官:「えと、あのぅ … … … 自動巻上げ機能なんてついてませんからぁあああ」笑

個人的にかなりウケました。普段、トイカメラばっかり使ってる僕からすれば、手で巻き上げる方が自然なんですが、普通の感覚の持ち主は自動巻上げが普通なんですね。笑

それにしてもH君の写真は天気もよかったせいか、巻き上げの際に誤ってちょこっと裏蓋が開いてしまったせいか、光が良い感じにイタズラしてくれてたりして、下から4番目の写真なんか、まるで光がスポットライトのように良い感じになっています。映画のワンシーンのようです。
異国情緒ばっちりです。

長崎は好きな街なので何回か行っていますが、その時はカメラをやっていなかったので、今度もし行く機会があったら、自分だったらどんな写真を撮ろうか…なんて想像してしまいました。